ホーム > ネット > 恥ずかしいなんて思わないよ

恥ずかしいなんて思わないよ

昔からお調子者なのにカラオケだけは苦手で友達同士で行ってもみんなで歌うかめちゃくちゃに歌って盛り上げる方に集中するタイプでした。

しかし、社会人になりそういった歌い方だけでなく一曲をちゃんと歌う事を求められるようになった時それが出来ずに恥ずかしい思いをしました。

普段騒がしい私がカラオケに行くと静かになるので周りに冷やかされ無理やり歌わせられたりとカラオケが苦痛になり始めた時、歌のうまい友達が「こっそり練習して見返してやろうよ」と言ってくれました。

ここからカラオケの練習の日々が始まりました。

声を大きく出す事や抑揚の付け方など的確なアドバイスがあり1か月後にはその子の前では一曲歌いきる事が出来るようになっていました。

そして更に練習を重ねる事数か月。

会社の忘年会の二次会がカラオケでした。

いつものように無茶ぶりをしようと狙っている先輩たち。

いつものようにイヤそうにマイクを持つ私。

何か月も練習を重ね自分に合った曲を探し見つかったベストな一曲。

歌が始まり囃し立てようとしていた先輩たちの動きが止まりました。

決して凄く上手ではないけれど人並みに歌えるようになった私に驚いたようです。

ドヤ顔で歌い終え点数が87点。あの時の快感は忘れられないですね。

もう恥ずかしくないし楽しいと思っています。

カラオケが上手くなる方法ナビ